転職 時期

就職活動に時期があるように、転職にも時期があります。恩シーズンとも言えるには求人情報が多く集まります。会社で採用があるのは一般的に3~4月です。この時期は新卒社員が入社してくるため、会社内の異動が行われたり、新規に部署や事務所の立ち上げや新規のプロジェクトのスタートがよく行われます。

3月~4月は新入社員が入社してくる一方で、年度切り替えに合わせて退職者も多く、何かと人の出入りが多い時期です。また9~10月も決算の切り替えなどに合わせて人の入れ替えが多い時期です。求人情報が多ければ、それだけ選択肢が増えます。会社で人の入れ替えが多い時期は、求人募集が多くなる時期でもあり、そのため転職にも有利な時期といえます。

転職を考える時は、自分の年齢を考える必要があります。というのも未経験者の募集は年齢制限があることが多いためです。
そのため新しいことにチャレンジするために転職する場合は20代から30代前半のうちに考えた方がよいでしょう。30代、40代の転職は即戦力としても能力が要求されるため、自分の経験・キャリアを示すことが大事です。

会社を辞めると失業保険をもらうことができますが、雇用保険の加入期間にとって失業保険の金額は大きく異なります。
例えば雇用保険の加入期間が10年ある場合と、9年11カ月の場合では、30日しか違いませんが、金額に格差が生じます。会社を辞めた後に失業手当を当てにする場合は、雇用保険の加入期間を考えて転職時期を考えた方がよいでしょう。







|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|