転職 面接

面接というと志望動機を聞かれたり、自分の紹介をするものですが、転職の場合、即戦力として期待されるため、面接では会社に貢献することができるかどうか、経歴や能力などが問われます。

そのため自分の能力を簡単に、かつ論理的に答えることができるよう、あらかじめ考えておきましょう。自分の経歴を長々と語ってしまっては、単なる自慢のようにもなってしまいます。経歴はできるだけ簡単にすることが大事です。また経歴や能力は会社に貢献できる人物かどうかを判断されるポイントのため、自分目線ではなく、組織目線や経営者の目線で語ることが大事です。

転職での面接では、転職を考えた理由、以前の仕事を辞めた理由などが聞かれます。企業は採用する以上、会社に長く勤めてほしいため、以前の会社を辞めた理由は気になるところです。そのため合理性のある回答をするよう心がけましょう、
以前の会社を辞めた理由がブラック企業だったり、自分の能力が評価されなかったためであっても、それを面接官にいって理解を必ず得られるとは限らないため、面接は自分をアピールする場ということを大前提にしてプラス評価を受けられるように応える必要があります。

志望動機は面接のときに必ず聞かれる質問のひとつです。志望動機では希望する条件に合ったというより、この会社でなければと、会社を選んだという点をアピールするようにしましょう。
条件があったという言い方では、条件さえあえば、ほかの会社でも良いというイメージを面接官に与えてしまう場合があります。この会社でなければと強く望む気持ちを表すようにしましょう。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|