転職 失敗

転職した人の中には転職によって収入アップし、やりがいのある仕事に巡り合えた人がいる反面、転職して給与が下がってしまったり、仕事場の人間関係がよくなかったりと、転職に失敗してしまう人がいます。転職で成功するには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

そのひとつが、年齢です。30代になると仕事の経験があるため、企業は即戦力として期待します。そのため、30代、40代で転職を考える場合は、自分が何をしたいのかより、自分にどのような能力や経験があり、会社に貢献することができるかどうかを示す必要があります。

会社の評価に不満を持って転職を考える場合、自分の能力を高く評価されることにこだわってしまいます。その結果、転職先がなかなか決まらない、自分が望む評価が得られない場合は不満が募り、結局、会社を辞めてしまったという失敗をしがちです。
転職に失敗しないためには、転職にあたって何が求められるかを知り、自分の能力を正しく評価することが大事です。

また、以前の仕事で、人間関係に不満を持って転職を考えたとき、転職先でも同じような人間関係のトラブルによってうまくいかないケースが多いようです。上司や同僚と向き合わずに、自分と合わないとすぐ判断してしまうと、自分に合う環境に出会うまで転職を繰り返すことになってしまいます。このケースの場合、上司や同僚と向き合うことが必要です。向き合うことによって転職ではなく異動という手段を取る方法も検討できるようになります。

また仕事に飽きっぽいという場合も、転職しても転職先ですぐ仕事に飽きてしまい転職を繰り返すケースが多いようです。このケースの場合、いわれたことだけをするのではなく、自分から仕事を作るようにすることが大事です。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|