転職 志望動機

転職において、書類選考、面接で必ず聞かれるのが志望動機です。転職は今までの経験やスキルを活用することができるところが強みのため、自分の能力や経験をアピールした上で、この会社を選んだ理由を明確に答える必要があります。

優秀なキャリアやスキルがあっても、志望動機が弱いと、この会社でなくてもほかの会社でもよいという印象を与えてしまうため、採用を判断する上でマイナスになってしまいます。

そのため志望動機はこの会社でなければならないという点をアピールするようにしましょう。自分のスキルや経験はこの会社だから活かすことができるということをはっきりと応えることが大事です。
また企業は採用にあたって、このような人材が欲しいという希望を持っているため、そのイメージにあったアピールをすることも大事です。会社が希望する人材とマッチする能力、経験を持っていることをアピールすることができれば、採用の判断にプラスになります。

特に30代、40代の転職の場合、以前の仕事経験やスキルを積んでいる年齢のため、即戦力としての能力が期待されます。そのため、志望動機も自分のやりたいことを適えるためだけに応募したのではなく、自分が会社にどのくらい貢献できるのかという点から、志望動機を考える必要があります。

また20代であっても志望動機に技術の習得や新しいことへ挑戦したいという気持ちが強すぎると、会社は学校ではないと考える採用担当者にはマイナスイメージを与えてしまうため、自分の希望を前面に強く出すのは注意が必要です。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|